投資のイメージ画像

世界で一番古い株式会社は1602年にオランダで設立された東インド会社です。株式投資は会社に出資してもらった資金から会社の事業拡大で、業績の上昇により株主に配当金が渡るという仕組みです。そんな株で投資をしたい人に向けてご紹介いたします。

2016年08月の記事一覧

株式投資でコツコツ稼ぐ方法

株式投資における稼ぎ方は大きく分けて二つです。まず一つ目が株式そのものの値段変動を利用して儲ける方法であるキャピタルゲインと呼ばれる方法です。こちらは特に短期間で利益を狙うタイプの資産運用で見られ、上手くやればある程度大きな額の利益を狙えるメリットがあります。次いで二つ目となるのが株式配当を得てコツコツと稼ぐインカムゲインと呼ばれる方法です。株式投資というとよくキャピタルゲインの方がイメージされるのですが、長期的に投資を行って利益をあげている投資家の場合はこのインカムゲインを重視した投資を心掛けているものです。さて、ではこのインカムゲインで稼ぐにはどうすれば良いのかというと、これはキャピタルゲインとは全く異なる考え方で行うことが必要になります。キャピタルゲインの場合はとにかく短期間で株価が変動することが必要となりますから、そこでは多少会社の業績が不安定であったとしても価値変動がある株式の方が優先されることになるでしょう。しかしインカムゲインの場合は長期にわたって会社が存続して配当を渡してくれることが必要になるわけですから、財務と利益の安定性を最重要のポイントとして扱うことが必要です。インカムゲインを狙って投資するべき株式の目安としては時価総額が1兆円を超えているかどうか、配当利回りが5%前後あるかどうかといったことがあり、こうした特徴があるのならば少なくとも購入してすぐに潰れて配当金が得られなかったといった第三次に繋がる可能性は低いと言えます。また投資の基本である「分散してリスクを抑える」という考え方はインカムゲインにおいても重要ですから、一つの会社の利回りが良いからと言ってそこだけに投資するのではなく、いくつかの株式に分けることを忘れないようにしましょう。

続きを読む