投資のイメージ画像

投資のヒストリー

世界で一番古い株式会社は1602年にオランダで設立された東インド会社です。株式投資は会社に出資してもらった資金から会社の事業拡大で、業績の上昇により株主に配当金が渡るという仕組みです。そんな株で投資をしたい人に向けてご紹介いたします。

投資の歴史

最近の金融市場においては非常に進化してきていまして、現在の日本においては人口の減少にもかかわらず、どんどんとインフレーションを目指す動きになってきています。さらには東京オリンピックの開催が決定したことから、住宅関連の需要が高まったり、さらには建設業界における建設関係の需要がどんどんと高まっている影響により、歴史的に見て非常に株価も上昇していきました。このような状況において、日本の株式投資などにおいても歴史的に投資チャンスの時期でもあります。さらには、現在の日本の金融市場においては、ゆるやかなインフレーションを目指すために非常に多くの資金が金融市場に投入されているため、多くの株式市場においてはさらなる上昇が見込まれています。さらには、最近までは日本の年金については株式市場に投入して良い資金についても非常に限られたものだったのですが、最近の年金機構においては株式投資への資金を増額しても良いという制度に変わったことで年金に関しても市場に投入されるようになりました。このため、現在の株式投資においては歴史的に見てバブルの水準にある可能性が高くなっているため、非常に多くの投資家たちが利益をあげることに成功しています。さらには、日本の各世帯が所有している資産についてもここ数年で増加してきており、著金額だけでなく、不動産や株式における評価価格が上昇している傾向にあります。このため、多くの人たちが株式投資に参加している結果になっています。また、日本の歴史から見たときに、現在の日本の政策にかんしては大きな方向転換されている時期になっているため、非常にボラティリティーも高いチャンスが多く眠っている市場になっています。